やぶれまんじゅう(延岡市)

慶長19年(1614年)には既に延岡城下で作られていたという、延岡の名物まんじゅう。もともとは「皇賀玉(まがたま)饅頭」と言いましたが、外の皮から所々中の餡が見えることから、いつとはなしに「やぶれまんじゅう」と呼ばれるようになりました。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。