高千穂峡(高千穂町)

高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷。

この高千穂峡は、1934年(昭和9)11月10日、国の名勝・天然記念物に指定されています。

付近には日本の滝百選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋などがあります。
さらに神話に由縁のある「おのころ島」や「月形」「鬼八の力石」など、 高千穂峡の遊歩道のみで高千穂の魅力を十分に感じることができるスポットといえます。

貸しボートもございますので、ぜひご利用ください。

太古の昔、阿蘇山の火山活動によって噴出した火砕流が冷え固まり侵食された断崖がそそり立つ峡谷で、高いところで100m、 平均80mの断崖が東西に約7キロに渡って続いており、昭和9年には「五箇瀬川峡谷」として国の名勝・天然記念物に、 昭和40年には祖母傾国定公園の一部に指定されています。

峡谷内には日本の滝百選に指定されている名瀑「真名井の滝」があり、高千穂峡のシンボルとなっています。

宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井

お問い合わせ先 一般社団法人 高千穂町観光協会
TEL:0982-73-1213

アクセス

近くの施設・お土産等

関連記事

  1. チーズ饅頭(全域)

  2. 田代神社の御田祭(美郷町)

  3. 見立渓谷1

    見立渓谷(日之影町)

  4. 枇榔島

    魚釣りのメッカ「枇榔島」(門川町)

  5. 荒立神社

    荒立神社(高千穂町)

  6. 美々津おきよ祭り(日向市)