カンムリウミスズメ

国の天然記念物「カンムリウミスズメ」(門川町)

批榔島を最大の繁殖地とするカンムリウミスズメは、昭和50年6月26日に国の天然記念物に指定され、平成17年10月1日に町の鳥に制定されました。
首から頭にかけては黒く、頭のてっぺんは円形に白く、その上を覆うように額から黒い羽がある。これが冠のように見えるので、カンムリウミスズメと呼ばれています。
毎年3~4月頃、産卵のために枇榔島に集まってきます。

見学期間:1月末~4月末
見学費用:4,000円/1人 
所要時間:1時間30分程度
申込み :事前連絡が必要。最少催行人員3人から。

【申込先・お問合せ】 門川町観光協会 ℡0982-57-4110

関連紹介

関連記事

  1. チーズ饅頭(全域)

  2. 中山神社大祭(門川町)

  3. 千貫目くぐり(延岡市)

  4. 国見ケ丘の雲海(高千穂町)

  5. 満開のイペー

    黄色の珍花「イペー」(門川町)

  6. 癒しの森の案内人と歩く石垣の村トロッコ道