「師走祭り」3年ぶり開催へ  美郷町

1300年余の歴史がある美郷町の祭り「師走祭り」が令和5年、3年ぶりに開催されます。1月20日(金曜日)から1月22日(日曜日)の3日間の日程で、南郷の神門神社を中心に行われます(新型コロナウイルスの感染状況に応じて規模を縮小する可能性があり)。

師走祭りは、旧暦12月14日から同16日(現在は1月下旬の金、土、日の3日間)に当たる日程(昭和10年代までは9泊10日間の日程で行われていた)で、比木神社(児湯郡木城町鎮座)の一行がフクロガミ(袋神、花笠ともいう)を奉じて、延々約23里(約90キロ)におよぶ決まりの道を神門神社(東臼杵郡南郷村鎮座)まで巡行し、そこに滞在して帰る全国的にも極めて珍しい形式の祭りです。
百済王族である禎嘉王(ていかおう)とその息子の福智王(ふくちおう)が年に一度対面する儀式で、千年以上にわたり連綿と受け継がれています。
神門神社に向かう「上りまし」の際は、お旅所に待ち受ける人々や沿道の篤信者は、フクロガミのふくらみ方や色合いによって年占をなしたほか、大根・にんじんなどの収穫物をフクロガミ巡行の路上に姿を表さないで差し出して置いたり、地区挙げて篝火をたいて迎えるなど、種々の習俗が伝えられています。

また、一行が帰路につく「下りまし」の際には、オサラバと称して、ヘグロ(墨)を顔に塗り、ショウケ(竹で編んだ笊)などを振って送る慣わしも見られるなど、この祭りには、地域住民の素朴な信仰形態が見られます。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 農林産物直売所 美郷ノ蔵

  2. 紅葉情報(五ヶ瀬町)

  3. HOSOSHIMAグルメフェス参加者募集

  4. 馬ヶ背にガラス張りの展望スポット完成(日向市)

  5. サーフショップ限定!『ヒュー!っとサーフィンレンタルクーポン』キャンペーン

  6. コテージ山霧「霧の宿」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。